トップページ留学生NEWS留学生NEWS詳細

留学生NEWS

留学生NEWS詳細

短期日本語研修生が茶道を体験

2016.09.05

まずは茶道部員の日本人学生がお点前を披露 じーっと見つめる研修生たち ↑ 「あれがいい!」とお菓子を選ぶ研修生たち ↑ 足の痛みに耐えながら、お菓子を食べる お茶を点てるのに挑戦 ↑ 部員に指導してもらう研修生たち ↑ 最後に全員で記念撮影

 別科で短期日本語研修を受けている中南民族大学(中国・武漢市)の学生たちが、特別活動として、茶道を体験しました。

 この活動は、本学の情報センタービル9Fにある茶室において、本学の茶道部の指導のもと行われました。

 まず、茶道部員の日本人学生がお点前を披露。部員たちは、研修生たち全員にじーっと見つめられ、とても緊張した様子でした。

 次に、今度は一人一人にお茶碗と茶筅が配られ、自分でお茶を点てました。研修生たちは最初は恐る恐る手を動かしていましたが、先生や部員の指導により、上手にお茶を点てていました。

 体験終了後には、研修生たちからいろいろな質問が出されました。
 「茶道は何か役に立っていますか?」といった質問に対して、部員の日本人学生は、「姿勢に気をつけるようになりました。」などと答えていました。
 また、「足は痛くないですか?」という質問も出され、部員は「超痛いです。」と答え、笑いを誘っていました。