NBU日本文理大学

topics&news

新型コロナウイルス感染症への対応

【学生および保護者の皆様へ】5月7日の開講にあたり

 

皆様もご存じのように、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染の拡大がさまざまなメディアを通じて報告されています。それに伴い社会全体で3密(密閉・密集・密接)をさける行動が求められています。本学でも在学生と教職員の安全を最優先に考え、開講時期の延期策等を講じてまいりました。
外出することすらままならない状況下にある在学生の皆さんの気持ちを考えると心が痛みます。同時に、「Be Good & Brave!勇気ある良き市民」として適切な行動で社会生活を送っていてくださっていることに、未来の社会への希望の光を感じています。
保護者の皆様におかれましても、ご子弟が学生アパート等で待機生活を送っていることを案じ、ご心配で身の引き裂かれる思いをなさっている方もいらっしゃるのではないかと拝察いたします。本学といたしましては、在学生の安全を最優先に考えつつ、学びの機会の確保のために最大限の努力をいたします。

開講延期決定から現在までの間、在学生の皆さんにはインターネット通信環境の調査や接続準備等をお願いし、遠隔授業の準備を進めてまいりました。環境が整わなかった在学生については通学して所定の教室で受講できるように配慮していますので、問い合せのうえ、その指示に従ってください。
本学では、5月7日より遠隔授業を開始します。デジタルネイティブと言われる世代の皆さんにとっても初めてのことなので、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、それぞれが学びやすい環境を自宅で整え、受講に備えてください。それでもなお不安を感じる時は担任の先生や大学の教職員に相談してください。講義の内容につきましては、先生方が創意工夫を凝らし、この状況下でも学びが深まる内容に作り上げてくださっています。在学生の皆さんはどうか安心して学びを深め、学問をしてください。

依然として見通しが立ちにくい現状ではありますが、私たち全員が社会の一員である自覚を持ち、行動することが重要です。同時に、この状況下でも皆さんは学びの歩みを止めるわけにはいきません。未来の社会のためにも、困難と戦い、学びを深めることが我々にできる “Be Good & Brave!” 良き市民たらんとする行動だと信じています。
一刻も早くこの困難の終止符が打たれ、皆さんとキャンパスで顔を見交わすことができることを心より願っております。
保護者の皆様におかれましてもくれぐれもご自愛いただきますとともに、本学の教育活動に深いご理解とご助力いただけましたなら幸甚でございます。

日本文理大学 学長
菅 貞淑