TOP > 教育(学部・学科) > 工学部 > 機械電気工学科

工学部 機械電気工学科機械電気工学科

未来創造工学コース
詳細はこちら
私たちの暮らしをさらに豊かにする未来の技術を担うエンジニアを育成します。 活躍する
フィールド
■ 産業ロボット開発・設計技術者
■ エネルギー開発・運用技術者
■ メカトロニクス関連開発設計技術者
電気・電子情報コース
詳細はこちら
ライフラインを支え、いつの時代にも必要とされる確かな技術を持ったエンジニアを育成します。 活躍する
フィールド
■ 電気・電子技術者
■ 電気系プラント技術者
■ 情報通信技術者
ものづくり設計エンジニアコース
詳細はこちら
日本のものづくりを支える設計・開発・製造分野のスペシャリストを育成します。 活躍する
フィールド
■ 機械開発・設計技術者
■ 機械系プラント技術者
■ 自動車開発・設計技術者
就職率:100%

※就職内定率2013年度〜2016年度卒業生の「内定者÷就職希望者」で算出しています。
(2017年3月31日現在)

夢を叶えた先輩の声
就職先:(株)エンルート
動画サイトでドローンの映像を見たことがきっかけで興味を持ち、マイクロコンピュータの制御や回路設計の知識を生かして、研究室でドローンを一から製作しました。色々と注目を集めていますが、実はドローンは人が入れないような場所の点検や災害時の被害状況の撮影など、様々な面から社会を支えています。さらに技術を高め、将来は農業の支援や、橋梁や道路などの社会インフラの点検など、人のために役立つドローンを開発していきたいです。

福田 湧也さん (宮崎県/県立宮崎工業高校 出身)

就職先:JFEスチール(株) 西日本製鉄所
鉄鋼メーカーの工場見学がきっかけで、一年生の頃から機械を扱う仕事に就きたいと思うようになりました。鉄鋼は自動車や電気製品などの身近なものから、発電所や海洋開発にいたるまで様々な“ものづくり”を支えています。その中でプラント技術者は、設備や機械のメンテナンスを通じて、安全かつ効率的、そして高い品質の生産を支える役割を担っています。NBUで学んだ設計や製作技術を生かし、社会に貢献できるエンジニアを目指したいです。

幸 翔平さん (大分県/県立大分鶴崎高校 出身)

学びのステップ

様々な領域を融合して学んだ、「機械」と「電気」の横断的な知識と技術を身につけた“次世代のエンジニア”を育てます。

Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.