NBU日本文理大学

機械電気工学科 - 工学部

常識や固定観念を打ち破り
新しい技術を創り出す。

近年の高度技術において、機械には電子制御が、電気電子機器には精密メカニズムがこれまで以上に組み込まれています。これに対応し、機械と電気の両方の分野に通じた、創造性豊かで実践的な次世代のエンジニアの育成を目指します。
「未来創造工学コース」では、新しいものを創り出すための設計・製造技術や再生可能エネルギー発電システムなどを、「先端ものづくり設計コース」に変更。」では機械設計・製造技術を最適化・効率化を、「電気・電子情報コース」では高度化したエレクトロニクス製品や自動車など産業用機器の開発に必要な電気、電子、情報、通信などの知識・技術をそれぞれ学びます。

STEP
学びのステップ

1年次
学科共通の専門基礎分野を学ぶ

数学・物理、機械・電気の基礎分野、CAD設計、プロジェクト科目を通じて、学科共通の基礎を身につけます。

2年次
所属コースの選択

選択したコースの指定科目を通じて、各分野に必要となる専門の知識・技術の土台を築いていきます。また様々な領域を融合した横断的な学びで専門性を高めます。

3年次
専門的理論や技術、将来の目標のさらなる追求

各コースで培った知識や技術を土台に、柔軟な発想で様々な分野を融合した研究テーマを設定。テーマに基づき研究室に配属され、研究活動の基礎や流れを身につけます。

4年次
卒業研究

社会ニーズやそれぞれの目標にひもづいた卒業研究に着手します。研究を通じて、人や社会の未来を支えるために必要な力を養います。

COURSE
設置コース

未来創造工学コース

新しい価値を創造する工学技術を学ぶ。

卒業論文・研究

  • 農業被害対策用IoT検知システムの開発
  • 3Dプリンタを活用した環境観測ロボット用軽量治具の設計と試作
  • 自律型水中ロボットの開発
  • ブドウ糖燃料電池の基礎研究
  • ベクトル磁気特性制御材の鉄損測定
  • 効果的スポーツトレーニングに関する運動指標表示機の試作開発

先端ものづくり設計コース

社会の発展を支える機械設計・開発を学ぶ。

卒業論文・研究

  • IoTを用いた鉄道模型制御システムに関する研究
  • 予測(解析)手法を用いた機器の製作
  • 競技用車両のEV化に関する基礎研究
  • コルゲート翼型風車の補強板が与える影響の解明
  • 炭素繊維の加工条件による強度変化
  • 電気自動車の駆動モータ制御における電気回路提案

電気・制御システム融合コース

電気・電子と制御技術を生かした新しいシステムの設計を学ぶ。

卒業論文・研究

  • コッククロフト・ウォルトン回路を用いた放電現象の研究
  • 変圧器モデル鉄心の局所ベクトル磁気特性の測定
  • 非接触温度計を用いたモータコアの鉄損評価に関する研究
  • 太陽熱発電装置の基礎研究
  • 熱水発電装置の基礎研究
  • コアレス電流・磁界センサの開発に関する研究

FACILITIES
施設・設備

5軸加工マシニングセンター

ERCには、CATIA®と連結した5軸加工マシニングセンター、プラスチック射出成形機、CNC旋盤など充実した加工装置があり、開発・製造を支える施設です。

CNC旋盤
3次元モデリングマシン
内燃機関性能試験装置
二重管伝熱実験装置

電気電子工学実験室

電気電子分野で必須となる電源機器や電圧計、波形観測機器などの測定機を完備。「電気電子基礎実験」などを通じて、学んだ知識を深く理解していきます。

燃料電池コジェネレーション実験装置

燃料電池で発電して、そのとき発生する熱でお湯を沸かすコジェネレーションシステムの運転条件と電気、熱の発生状況との関係を調べて、最適なシステム構成と運転方法を研究します。