トップページ留学生NEWS留学生NEWS詳細

留学生NEWS

留学生NEWS詳細

小学生との交流会に参加

2016.08.08

世界地図を指さしながら説明 ↑質問の答えを一生懸命書く小学生達 次々と質問する小学生たち 中には結構難しい質問も・・・ ↑必死に答える留学生 小学生たちのお店をまわる留学生たち 中には折り紙で作ったお寿司屋さんも 最後に全員で記念撮影

 8月8日(月)に、大分市内の小学校で交流会が行われました。

 この交流会は、大分市内にある明野東小学校の児童育成クラブが企画したもので、同クラブからの依頼を受け、中国、韓国、メキシコの留学生、計4名が参加しました。

 この日、会場の明野東小学校の教室には、小学1年生から小学4年生まで約60名が待っていました。

 会ではまず自己紹介が行われ、留学生たちは、世界地図を指さしながら、自分の出身地などを説明しました。

 続いて、小学生から留学生への質問タイムが行われました。小学生たちは、あらかじめ準備していた質問を次々と留学生にぶつけていました。学生たちは、自分の国の挨拶や、遊びなどを説明していました。中には、答えるのが難しい質問もあり、留学生たちは、戸惑いながらも必死に答えていました。

 次に、和室に会場を移して、「お店屋さんごっこ」が行われました。会場には小学生たちが折り紙で作った「すし」やジュースやケーキなど、さまざまな商品が並べられたお店ができていました。

 留学生たちは、お店を一軒一軒回り、日本語と時折、母国語も交えながら、小学生たちとのやりとりを楽しんでいました。

 最後に全員で記念撮影をし、終了となりました。小学生たちのパワーに圧倒されながらも、学生たちには貴重な体験となったようでした。