トップページ留学生NEWS留学生NEWS詳細

留学生NEWS

留学生NEWS詳細

別科日本語発表会

2018.07.13

Ⅰクラスの学生によるプレゼンテーション Ⅱクラスの学生によるスピーチ それぞれの発表前には、クラスメートが発表者を紹介 トンガ、オーストラリアからの学生たちによる「ハカ」

 前期の日本語学習の成果を発表する、日本語発表会が7月13日(金)に情報センター7階のプレゼンテーションルームで行われました。

 まず、Ⅰクラスによるプレゼンテーションが行われ、一人一人が、自分の故郷などについて紹介しました。

 続いて、Ⅱクラスによるスピーチ発表が行われ、一人一人が思い思いのテーマでスピーチを行いました。

 それぞれの発表の前には恒例となっているクラスメートによる発表者の紹介も行われました。

 また、発表終了後に、Ⅰクラスで聴講しているトンガからの学部留学生2名と、昨年、別科で聴講していたトンガとオーストラリアからの学部留学生2名の計4名により、「ハカ」の実演が行われました。「ハカ」はニュージーランドの民族舞踊で、ラグビーのニュージーランド代表チームなどが、試合の前に踊るので有名です。目の前で見る「ハカ」の迫力に、学生たちは圧倒された様子でした。

 最後に審査が行われ、優秀者には賞状と記念品が贈られました。