NBU日本文理大学

マイクロ流体技術研究所

流体現象を解明し、社会問題の解決を目指す

2005年10月に設立されたマイクロ流体技術研究所では、様々な実験やシミュレーションを行い、低レイノルズ数領域の流体現象を解明し、多くの成果を生み出しています。さらに社会問題の解決に向け、生物の機能と工学を融合し、新しい視点で研究、開発に取り組んでいます。

研究テーマ

本研究所では、4つの大きなテーマで研究を行っています。

共振型羽ばたき翼に関する研究

共振型羽ばたき翼に関する研究

昆虫は、羽の曲げ (フラッピング運動)とねじり(フェザリング運動)を組み合わせた『羽ばたき運動』により、様々な飛行を実現させています。この『羽ばたき運動』をロボットで実現するためには、機構が複雑で重くなるなどの問題点を解消する必要があります。本研究では、『共振 (きょうしん)』という現象を利用して、翼の根本にわずかな振動を与えることで昆虫の羽ばたき運動を実現する、新しい羽ばたきの機構を提案しています。

羽ばたき型ドローンに関する研究

羽ばたき型ドローンに関する研究

昆虫の翼を模擬した2枚翼の超小型飛翔ロボットの開発を進めており,写真のような実験機による自律ホバリング飛行や垂直離着陸に成功しています。「柔軟な翼の変形」を利用する羽ばたき型ドローンは,従来のドローンに比べて安全性が高く、「人間親和型ドローン」として期待されています。現在はその実用化を目指し、姿勢安定性解析や姿勢制御に関する研究を行っており、実験機を用いたより自由度の高いフライトの実現を目指しています。

研究の進捗状況はこちら

トンボ型小型飛翔ロボット

トンボ型小型飛翔ロボット

トンボの翼の凹凸を応用した翼を持ち、トンボの特徴的な形を持った飛翔ロボットの開発を進めています。現在の重さは約30グラム、両手に載るサイズで、さらに小型軽量化を目指しています。この機体は、他の飛翔ロボットに比べて長い航続距離、広い飛行速度域などをバランスよく持っています。

コルゲート翼を応用したマイクロ風力発電装置

コルゲート翼を応用したマイクロ風力発電装置

コルゲート翼を風力発電装置の風車の翼(ブレード)に用いると、微風速 (約1m/s)で発電を開始し、風速 5m/s で高い効率が得られます。また、柔軟性が高い材料を用いているため、台風などの強風時は風を受け流すことができます。ブレードの断面形状にトンボの知恵借りた工夫を加えることにより、安価で強風時でも壊れにくいという特長を持った、新しい風車の実用化を進めています。

研究の進捗状況はこちら

研究所設備

回流式可視化水槽

本研究所が独自に開発した総合的な可視化能力を備えた回流水槽で、非常に低。 回流式可視化水槽によって、トンボのハネの周りにできる渦列を可視化

3カメラ3次元運動解析システム

「3カメラ3次元運動解析システム」とは、3台の高速度カメラ(Photron社FASTCAM-1024PCI)でトンボの飛行を撮影し、 その画像を3次元運動解析ソフトウエア(DITECT社DippMotionXD)に入力して、トンボの翅のフラッピング角やフェザリング角などのデータを取得するシステムです。

3カメラ3次元運動解析システム
トンボの離陸飛行

3次元PIV(粒子画像流速測定法)システム

3次元PIVシステム(Lavision社FlowMaster PIVシステム)では、 昆虫の羽ばたき運動による複雑な3次元的な流れを可視化し、そのメカニズムを明らかにします。

3次元PIVシステム
マルハナバチの羽ばたき翼のスケールモデル装置

研究業績

■学術論文

著者・発表者等 タイトル 掲載誌・発表会議等 公開日 ページ その他
Hiroto Nagai, Kazutaka Nakamura, Koki Fujita, Issei Tanaka, Shuji Nagasaki, Yutaka Kinjo, Shintaro Kuwazono, and Masahiko Murozono Development of Tailless Two-winged Flapping Drone with Gravity Center Position Control Sensors and Materials, Vol.33, No.3(1) Jan. 2021 pp.859-872
Hiroto Nagai, Koki Fujita, and Masahiko Murozono Experimental Study on Forewing–Hindwing Phasing in Hovering and Forward Flapping Flight AIAA Journal, Vol.57, No. 9 Sep. 2019 pp.3779-3790
Nagai, H. and Isogai, K. Effects of Flapping Wing Kinematics on Hovering and Forward Flight Aerodynamics AIAA Journal, Vol. 49, No. 8 Aug. 2011 pp. 1750-1762
永井 弘人, 磯貝 紘二, 藤本 達見 PIVによる昆虫羽ばたき翼の空力メカニズムの可視化 可視化情報学会誌, Vol. 30, No. 119 2010年10月 pp. 214-219
Isogai, K. and Kawabe, H. Transition Flight Simulation of Flapping-Wing Micro-Aerial Vehicle Using Aerodynamic Database Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 53, No. 180, Aug. 2010 pp. 138-146
Isogai, K., Kamisawa, Y., and Sato, H. Optimum Aeroelastic Design of a Resonance Type Flapping Wing for Micro Air Vehicles Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 52, No. 178 Feb. 2010 pp. 238-245
Isogai, K., Kamisawa, Y., and Sato, H. Resonance Type Flapping Wing for a Micro Air Vehicle Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 52, No. 178 Feb. 2010 pp. 199-205
Obata, A. and Shinohara, S. Flow Visualization Study of the Aerodynamics of Modeled Dragonfly Wings AIAA Journal, Vol. 47, No. 12 Dec. 2009 pp. 3043-3046
Nagai, H., Isogai, K., Fujimoto, T., and Hayase, T. Experimental and Numerical Study of Forward Flight Aerodynamics of Insect Flapping Wing AIAA Journal, Vol. 47, No. 3 Mar. 2009 pp. 730-742
Kamisawa, Y. and Isogai, K. Optimum Flapping Wing Motions of Dragonfly Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 51, No. 172 Aug. 2008 pp. 114-123
永井 弘人, 伊藤 匠, 三浦 慶太, 早瀬 敏幸, 磯貝 紘二 ホバリング飛行における3次元羽ばたき翼の非定常空気力の測定(第2報,台形波形と正弦波形羽ばたき運動の比較) 日本機械学会誌論文集(B編), 74巻, 739号 2008 pp. 536-544
永井 弘人, 伊藤 匠, 三浦 慶太, 早瀬 敏幸, 磯貝 紘二 ホバリング飛行における3次元羽ばたき翼の非定常空気力の測定 (第1報,レイノルズ数,無次元振動数,翼平面形状の影響) 日本機械学会誌論文集(B編), 73巻, 736号 2007 pp. 2450-2458
Kawabe, H. A Study on Optimal Pattern and Leader Shift of Formation Flight Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 50, No. 168 2007 pp. 134-140
Isogai, K. and Harino, Y. Optimum Aeroelastic Design of a Flapping Wing Journal of Aircraft, Vol. 44, No. 6 Nov.-Dec. 2007 pp. 2040-2048
河邉 博康 編隊飛行の最適編隊形状と先頭交代方法に関する研究 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 54, No. 629 2006 pp. 16-22
Yamamoto, M., and Isogai, K. Measurement of Unsteady Fluid Dynamic Forces for a Mechanical Dragonfly Model AIAA Journal, Vol. 43, No. 12 Dec. 2005 pp. 2475-2480

■国際会議発表論文

著者・発表者等 タイトル 掲載誌・発表会議等 公開日 ページ その他
Isogai, K., Kawabe, H., Nagai, H., and Nishiguchi, S. Experimental and Theoretical Study of Attitude Control of Flapping Wing Micro Aerial Vehicle AIAA Fluid Dynamics Conference, AIAA-2011-3253 Jun. 2011
Nagai, H., Isogai, K., and Fujimoto, T. Experimental Study on Flow Interaction between Fore- and Hindwings of Dragonfly in Hovering and Forward Flight 27th International Congress of the Aeronautical Sciences (ICAS), Nice, France Sep. 2010 CD-ROM
Isogai, K. and Nagai, H. Experimental and Numerical Study of Resonance Type Flapping Wings for Micro Air Vehicles APISAT2009 Nov. 4-6, 2009 CD-ROM
Isogai, K. and Kawabe, H. Transition Flight Simulation of Flapping Wing Micro Aerial Vehicle Using Aerodynamic Database 4th International Symposium of Aero Aqua Bio-Mechanisms, ISABMEC 2009, Shanghai, China, CD-ROM
Nagai, H., Nishi, A., Fujimoto, T., Isogai, K. Study on Flow Interaction Mechanism of Fore- and Hind-wings of Dragonfly 4th International Symposium of Aero Aqua Bio-Mechanisms, ISABMEC 2009, Shanghai, China Aug. 2009 CD-ROM
Isogai, K., Maesato, K., Kamisawa, Y., and Sato, K. Development of a Resonance Type Flapping Wing for a Dragonfly-Type Micro Aerial Vehicle Proceedings of KSAS-JSASS Joint International Symposium on Aerospace Engineering, Jeju, Korea, Nov. 2008 pp. 312-317
Nagai, H., Isogai, K., and Fujimoto, T. Experimental Study of Wing-Wake Interactions of Insect Flapping Wing Proceedings of KSAS-JSASS Joint International Symposium on Aerospace Engineering, Jeju, Korea Nov. 2008 pp. 133-140
Nagai, H. Isogai, K., and Hayase, T. Measurement of Unsteady Aerodynamic Forces of 3D Flapping Wing in Hovering to Forward Flight 26th International Congress of the Aeronautical Sciences (ICAS), Anchorage, USA Sep. 2008 CD-ROM
Isogai, K., Kamisawa, Y., and Sato, H. Optimum Aeroelastic Design of a Resonance Type Flapping Wing for Micro Air Vehicles 26th International Congress of the Aeronautical Sciences (ICAS), Anchorage, USA Sep. 2008 CD-ROM
Isogai, K., Kamisawa, Y., and Sato, H. Optimum Aeroelastic Design of a Resonance Type Flapping Wing for Micro Air Vehicles APCOM'07 (Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics), Kyoto Dec. 2007
Nagai, H., Isogai, K., and Hayase, T. Measurement of Unsteady Aerodynamic Forces on 3D Flapping Wing (Comparison between Rotational and Sinusoidal Motions) JSASS-KSAS Joint International Symposium on Aerospace Engineering, Kitakyushu, Japan Oct. 2007 pp. 284-287
Isogai, K., Kamisawa, Y., and Sato, H. Resonance Type Flapping Wing for a Micro Air Vehicle AIAA Atmospheric Flight Mechanics Conference and Exihit, Hilton Head, South Carolina Aug. 2007 AIAA-2007-6499
Isogai, K., and Harino, Y. Optimum Aeroelastic Design of a Flapping Wing Proceedings of the Third International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms (ISABMEC 2006), Okinawa, Japan Jul. 2006 S13 CD-ROM
Kamisawa, Y., and Isogai, K. Study on Optimum Flapping Wing Motions of Dragonfly Proceedings of the Third International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms (ISABMEC 2006), Okinawa, Japan Jul. 2006 P09 CD-ROM

■国内会議発表論文

著者・発表者等 タイトル 掲載誌・発表会議等 公開日 ページ その他
原田 敦史,山本 塁 コルゲート翼を有する小型水平軸風車に関する実験的研究~翼端形状が効率に与える影響~ 日本機械学会九州支部_九州学生会第51回学生員卒業研究発表講演会 2020年3月
原田 敦史 コルゲート翼を有する小型水平軸風車に関する実験的研究~凹凸形状が効率に与える影響~ 第41回風力エネルギー利用シンポジウム 2019年12月
河邉 博康, 寶代 春花, 室園 昌彦 反応拡散方程式を用いたMAVの翼の設計法に関する基礎研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2019年11月 (online publishing) JSASS-2019-S007
佐々木 晴哉, 花宮 蓮, 木山 昂海, 岡崎 覚万 トンボ型超小型無人航空機(MAV)の性能評価実験 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2019年11月 (online publishing) JSASS-2019-S001
藤田 浩輝,大濱 憲一,永井 弘人 室園 昌彦,中村 和敬 弾性変形を考慮した空力モデルに基づく2枚翼型無尾翼 羽ばたき機の姿勢安定化の研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2019年11月 (online publishing) JSASS-2019-S002
松﨑 巧実,永井 弘人,矢代 茂樹,藤田 浩輝 羽ばたき翼の運動パターンが空力安定微係数に及ぼす 影響に関する数値的研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2019年11月 (online publishing) JSASS-2019-S006
永倉 光,久須美 幸輝,永井 弘人 藤田 浩輝,室園 昌彦 推力平均値の時間変動を考慮した羽ばたき翼機の姿勢安定化 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2018年11月 (online publishing) JSASS-2018-S043
永井 弘人,磯貝 紘二,小島 徳祥,室園 昌彦,藤城 努 空力弾性解析による共振型弾性羽ばたき翼機の設計 第54回構造強度に関する講演会講演集 2012年8月 pp. 10-12 JSASS-2012-3006
藤城 努,室園 昌彦,山崎 正秀,永井 弘人 共振型弾性羽ばたき翼の固有振動特性と発生推力との関係 第54回構造強度に関する講演会講演集 2012年8月 pp. 128-130 JSASS-2012-3046
藤城 努,室園 昌彦,山崎 正秀,永井 弘人 曲げねじり弾性変形を伴う羽ばたき翼の振動に関する研究 第53回構造強度に関する講演会講演集 2011年7月 pp. 106-108 2011
藤城 努,室園 昌彦,山崎 正秀,永井 弘人 共振型羽ばたき翼に適した固有振動特性を有する翼の開発 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2011年11月 pp. 99-102
永井 弘人,磯貝 紘二 共振型弾性羽ばたき翼の構造/空力特性に関する研究 第1回フラッターの制御と利用に関するシンポジウム講演集 2011年9月 CD-ROM
藤田 浩輝, 河邉 博康 Virtual Holonomic Constraintを用いた小型羽ばたき翼機の姿勢安定化 第54回自動制御連合講演会講演論文集 2011年 pp.1682-1687
磯貝 紘二 昆虫型飛翔ロボットの研究 福岡工業大学教育研究改善事業, 知能機械工学科主催特別講演会 2011年1月
磯貝 紘二, 河邉 博康, 永井 弘人, 西口 瞬 共振型羽ばたき翼を搭載したMAVの姿勢制御に関する研究 第48回飛行機シンポジュウム 2010年11月 CD-ROM
後藤 俊人,有田 圭秀,河邉 博康 トンボの羽ばたき運動とマニューバの関係について 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2010年11月 pp. 59-62
小島 徳祥,永井 弘人,山路 諒 トンボ型前後2枚羽ばたき翼の翼運動と空力干渉効果に関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2010年11月 pp. 55-58
山路 諒, 永井 弘人, 磯貝 紘二, 藤本 達見, 西 晃広 ホバリングおよび前進飛行時のトンボ型前後2枚羽ばたき翼における空力干渉効果 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2009年12月 pp. 259-262
播村 充紀, 磯貝 紘二, 永井 弘人 共振型羽ばたき翼における前後翼干渉効果に関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2009年12月 pp. 255-258
有田 圭秀, 河邉 博康 トンボの飛翔と羽ばたき運動の関係について 日本航空宇宙学会西部支部講演会論文集 2009年12月 pp. 251-254
保久村 永人,池田 多門 高振動数羽ばたき飛翔ロボットの空中停止飛行の可能性検討 第46回日本航空宇宙学会関西・中部支部合同秋季大会講演集 2009年11月
磯貝 紘二 トンボ型飛翔ロボットの開発に向けて 第23回エアロ・アクアバイオメカニズム研究会講演会資料集 2009年3月 pp. 5-8
西 晃広, 永井 弘人, 平井 知早, 藤本 達見, 磯貝 紘二, 河邉 博康 トンボの前後羽ばたき翼干渉効果に関する実験的研究 日本航空宇宙学会北部支部講演会ならびに第10回再使用型宇宙推進系シンポジュウム講演論文集 2009年3月 pp. 23-28
伊東 寿朗, 河邉 博康 トンボのマニューバに関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2008年11月 pp. 197-220
西晃広, 藤本達見, 磯貝紘二, 永井弘人 トンボ型羽ばたき翼の前後翼干渉効果に関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2008年11月 pp.193-196
永井弘人, 磯貝紘二, 藤本達見 昆虫の羽ばたき翼の空力生成メカニズムに関する研究 第40回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジュウム講演集 2008年6月 pp. 117-118
磯貝紘二, 河邉博康 昆虫型飛翔ロボットの飛行シミュレーション用空力データベースの作成とその活用 第40回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジュウム講演集 2008年6月 pp. 113-116
三浦申也, 河邉博康 トンボの飛行解析について 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2007年11月 pp. 117-119
田川優智, 永井弘人, 磯貝紘二 共振型羽ばたき翼の振動特性に関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2007年11月 pp. 121-124
磯貝紘二, 上澤裕一, 佐藤寛幸 共振型羽ばたき翼のCFDを用いた最適設計 第39回流体力学/航空宇宙数値シミュレーションシンポジュウム講演集 2007年6月 pp. 63-66
磯貝紘二, 佐藤寛幸, 上澤裕一 昆虫型飛翔ロボットに適した共振型羽ばたき翼に関する研究 日本航空宇宙学会第38期年会講演会講演集 2007年4月 pp. 58-61
田中祐輔, 中川武, 磯貝紘二 ハチドリの飛行能力に関する研究 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2006年11月 pp. 109-112
磯貝紘二, 上澤裕一 共振型羽ばたき翼の提案と数値シミュレーションによる検証 第38回流体力学講演会講演集 2006年9月 pp. 277-280
上澤裕一, 磯貝紘二 トンボ型飛翔ロボットの最適羽ばたき運動に関する研究 第38回流体力学講演会講演集 2006年9月 pp. 273-276
永井弘人, 三浦慶太 2次元羽ばたき運動におけるレイノルズ数効果の実験的研究 第38回流体力学講演会講演集 2006年9月 pp.285-288
伊藤匠, 永井弘人, 笛木俊吾 3次元羽ばたき運動の翼平面形状に関する実験的研究 第38回流体力学講演会講演集 2006年9月 pp.289-290
廣田雅彦, 永井弘人, 笛木俊吾 マルハナバチの翅の構造特性と有限要素モデリング 第48回構造・強度に関する講演会講演集 2006年7月 pp.180-182
稲吉翔大, 河邉博康 航空機の編隊飛行制御について 日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集 2005年11月 pp. 69 - 72
大平啓介, 磯貝紘二, 上澤裕一, 山本隆明 人力羽ばたき飛行機は可能か?(最適羽ばたき運動設計とCFDによる検討 日本機械学会2005年度年次大会講演論文集(2) 2005年9月 pp. 135-136
上澤裕一, 磯貝紘二 CFDを用いたトンボの飛翔の最適羽ばたき運動に関する研究 第37回流体力学講演会講演集 2005年9月 pp. 229-231

■日本文理大学紀要

著者・発表者等 タイトル 掲載誌・発表会議等 公開日 ページ その他
河邉 博康, 寶代 春花, 室園 昌彦 異方性の反応拡散方程式を用いたMAVの翼の設計法に関する基礎研究 日本文理大学紀要, 第48巻, 第2号 2020年 pp.15-23
原田 敦史 マイクロ流体技術研究所の回流式可視化実験水槽の性能~電磁微流速計を用いた計測~ 日本文理大学紀要 第48巻第1号 2020年 pp.69-74
岡崎 覚万,田中 良輔,宮島 俊宗 トンボ型超小型無人航空機(MAV)の速度領域拡張の研究(その2) 日本文理大学紀要, 第47巻, 第2号 2019年 pp. 43-48
岡崎 覚万,椎原 遥,村上 聡駿,大畠 将希,中山 大輔,森 太陽 トンボ型超小型無人航空機(MAV)の速度領域拡張の研究 日本文理大学紀要, 第46巻, 第2号 2018年 pp. 23-31
岡崎 覚万,牧井 優仁,弓削 一真,吉田 和人,三浦 公徳,永石 龍空 トンボ型超小型無人航空機(MAV)の軽量化研究 日本文理大学紀要, 第45巻, 第2号・第46巻, 第1号合併号 2017年 pp. 95-99
永井 弘人 昆虫の羽ばたき運動と空力メカニズムの関係 日本文理大学紀要, 第38巻, 第2号 2010年 pp. 10-18
永井 弘人,藤本 達見,西 晃広 トンボ型前後2枚羽ばたき翼の空力干渉効果について 日本文理大学紀要, 第38巻, 第2号 2010年 pp. 1-9
河邉 博康, 三浦 申也, 伊東 寿朗 トンボのマニューバに関する研究 日本文理大学紀要, 第37巻, 第2号 2009年 pp. 30-37
池田 多門, 江崎 明彦 新機構による強制振動型羽ばたき機構の性能向上 日本文理大学紀要, 第37巻, 第2号 2009年 pp. 25-29
河邉 博康, 西藤 吉繁 視界を考慮した編隊飛行に関する研究 日本文理大学紀要,第36巻, 第2号 2008年 pp. 45-52
池田 多門 波形翼の曲げねじり振動特性 日本文理大学紀要, 第36巻, 第1号 2008年 pp. 61-66
小幡 章, 關 幸, 篠原 章太郎 マイクロ流体技術研究所の回流式可視化実験水槽について 日本文理大学紀要, 第35巻, 第2号 2007年 pp. 150-158
河邉 博康, 永井 海 トンボの飛行解析と胸部構造について 日本文理大学紀要, 第35巻, 第2号 2007年 pp. 79-88
磯貝 紘二, 上澤 裕一, 佐藤 寛幸 昆虫型飛翔ロボットに適した2自由度共振型羽ばたき翼に関する研究 日本文理大学紀要, 第35巻, 第2号 2007年 pp. 72-78
河邉 博康 協調行動に基づいた編隊飛行制御について 日本文理大学紀要, 第34巻, 第1号 2006年 pp. 22-32
河邉 博康 編隊飛行の空気力学について[第2報] 日本文理大学紀要,第33巻,第1号 2005年 pp. 17-27
河邉 博康 編隊飛行の空気力学について 日本文理大学紀要,第32巻,第1号 2004年 pp. 47-57

■研究紹介記事

著者・発表者等 タイトル 掲載誌・発表会議等 公開日 ページ その他
原田 敦史 トンボのはねの構造から着想したマイクロエコ風車 プラスチックス 2019年2月 pp.76-79

特許取得

トンボの「羽ばたき運動」、「ハネの特性」に着目。
研究開発したロボットで、特許を取得。

マイクロ・エコ風車の研究・開発プロジェクトにも学生たちも自由に参加。彼らのアイデアと地道な実験の結果、現在は防水性や軽量化、さらには製作時間・コストを削減できるプラスチック素材のブレードへと進化させました。

非羽ばたき型飛翔ロボット

超小型コルゲート方式飛翔機:
全幅17cm、重さ3.5g
2010年9月
特許取得
発明名称
超小型飛行体
[回転ロッド式ロボット]
トンボ型飛翔機:(3CH制御)
屋外を鳥のように飛べるモデル
2010年9月
特許取得
発明名称
近接タンデム翼飛行体
[トンボ型ロボット]
回転ロッド式飛翔機:前方に回転ロッドがついていて、圧倒的な高速飛行が可能
2009年1月
特許取得
発明名称
低レイノルズ数用翼型
[凹凸翼]

羽ばたき型飛翔ロボット

羽ばたき機構
4枚の共振型羽ばたき翼を
搭載したトンボ型ロボット
共振型羽ばたき翼の制御機構
2010年11月
特許取得
発明名称
羽ばたき飛行機

マイクロ・エコ風車

2010年6月
特許取得
発明名称
小型発電機用
プロペラ風車
[マイクロ・エコ風車]

topics

バイオミメティクスを活用した新しい風力発電装置の研究開発

わずかな風の力でも安定した発電を行うことができる新しい風力発電の研究を行っています。この風車の羽根は、『トンボの翅』からヒントを得た生物模倣技術を活用しており、従来の技術とは全く異なる新しいものです。IoT(Internet of Things)に使われるセンサの駆動電源や発展途上国の生活電源等、いろいろな用途での普及を目標にしています。微風領域において世界一効率の良い風車を目指して、教員と学生が一丸となって研究・開発を進めています。