NBU日本文理大学

キャリア教育

「人間力」あふれた“グローカリスト”として社会へ

大学の4年間は、将来の生き方や働き方を考え、自分の進むべき道を模索する大切な時期です。将来を考える上で重要なことは、「自分」という存在について見つめ直すことだと考えています。「自分という存在」は、個人であると同時に、社会全体を構成している大切な一員です。だからこそ「未来の社会を創っていく人材」という観点から、自己実現を考えて欲しいと願っています。
本学では、地域貢献活動やインターンシップを通して、一人ひとりが、より良い社会を創るために学び、より社会に有為な存在として可能性を広げ、成長させていく「未来社会創造型の自己実現」を大切にし、どのように社会と関わり「自分を成長させていけるのか」を考える習慣を身につけます。
大学生活の中で、じっくり「なぜ、学ぶのか」「自分は、どんな風に働くことを目指すべきなのか」「どう生きていくのか」を様々な観点から大いに仲間と議論しながら、より良く学び、働き、生きていくことに対して、主体的な姿勢を育んでいきましょう。

4年次

企業説明会などに積極的に参加して、就職試験に挑みます。面接やグループディスカッション対策、就職情報のメール配信など内定獲得に向けて総合的にサポートしていきます。

3年次

就職試験で必要となる学力・知識・マナーを実践的に習得。長期のインターンシップにも取り組みます。3年次の3月からスタートする企業説明会に向け、業界や企業研究の指導を行います。また同時に、エントリーシート・履歴書の添削指導や面接指導も行います。

2年次

就職・就業に関するセミナーや講演を通じて、業界・企業の魅力を知り、職業観を養います。短期インターンシップにもチャレンジしていきます。

1年次

入学時から就職対策のためのサポートプログラムがスタート。自己分析や就職試験に必要な基礎学力を身につけるとともに、企業研修・取材を通じて、働くことの意味を考えます。

※プログラムの内容に若干の変更が生じる場合があります。