NBU日本文理大学

工学部

航空宇宙工学科

未来に続く人類の夢に
ここから挑戦

航空機産業は、絶えず人類の英知と最先端の技術を結集しながら発展を続け、人々の生活に不可欠な高速で安全な大量輸送手段を提供してきました。また、人工衛星スプートニクの打ち上げに始まる宇宙開発はさまざまな観測・通信手段と結びついて発展し、いまや世界中の情報が即時に取得できるようになっています。
航空宇宙学科は、「航空宇宙設計コース」「宇宙システムコース」「航空機整備コース」を通じて、航空機設計・製造、航空機整備・航空関連業務、宇宙機器開発やロケット打ち上げ業務など、航空宇宙産業に従事できる技術者や、航空機技術開発に挑戦する人材を養成します。

STEP
学びのステップ

1年次

教養基礎を学ぶほか、コースを選択し専門に進むための準備をしていきます。

2年次

コースを選択。本格的な専門教育科目の勉強が開始。専門的理論や技術を学びます。

3年次

専門的理論や技術をさらに深め、応用力も養います。コースの見直しも可能です。

4年次

研究室に配属。卒業研究に着手し高度な知識、実践的な技術を修得します。

COURSE
設置コース

航空宇宙設計コース

基礎理論から空気・構造力学などの専門知識を学び、航空機やロケット、人工衛星の設計・開発・製造を牽引する人材を育成します。

卒業論文・研究

  • ヘリコプター 簡易性能計算プログラムの作成
  • マイクロ・エコ風車に関する加工法の研究
  • 飛翔体の弾道軌道に関する研究
  • 動力伝達装置における振動異常の検知について
  • トンボの空力性能を利用した装置の超軽量化に関する実証的研究
  • 無人航空機のダイナミック・ソアリングに関する研究

宇宙システムコース

ロケットや人工衛星、宇宙に関する基礎理論を学び、宇宙開発分野に携わる人材を育成します。

卒業論文・研究

  • スペースデブリ衝突が人工衛星に与える影響に関する調査研究
  • ハイブリッドロケット用固体燃料の改良研究
  • 惑星探査ローバー用駆動系の改良研究
  • モデルロケットの速度と軌跡の研究
  • MER(火星探査ローバー)展開車輪機構の研究
  • 火星探査航空機の展開翼の研究

航空機整備コース

航空工学の基礎から専門知識を実機による整備実習で学び、航空機整備・運航に関わる人材を育成します。

卒業論文・研究

  • BIRD STRIKEに関する研究
  • F86 機体修復
  • 脳の錯覚がヒューマンエラーに与える影響
  • MEDAから学ぶヒューマンエラー
  • 航空機整備マニュアル制作のノウハウ研究
  • 可動式トーイングカーの能力向上の研究

FACILITIES
施設・設備

航空格納庫

整備実習用の航空機やエンジンなどを格納しています。これらの実機を教材に、現場で必要となる知識や技術を習得するための様々な実習を行います。

H-IIAロケットフェアリング
エンジン実験室
コックピットトレーナー
3Dプリンター

フライトシミュレータ

航空機の安定性・操縦性に関する研究への活用や、操縦しやすくパイロットの負担が少ない機体の開発など、操縦性に関する人間工学的研究に用います。

大分県央空港エクステンションキャンパス

プロペラ機を用いたエンジン運転や整備実習などの現場体験を通して、航空整備士に必要な知識と技術が確実に身に付きます。