NBU日本文理大学

工学部

機械電気工学科

「機械」と「電気」を融合し、
新時代の技術者を育てる

近年の高度技術において、機械には電子制御が、電気電子機器には精密メカニズムがこれまで以上に組み込まれています。これに対応し、機械と電気の両方の分野に通じた、創造性豊かで実践的な次世代の技術者の育成を目指します。
「未来創造工学コース」では、新しいものを創り出すための設計・製造技術や再生可能エネルギー発電システムなどを、「ものづくり設計エンジニアコース」では機械設計・製造技術を最適化・効率化を、「電気・電子情報コース」では高度化したエレクトロニクス製品や自動車など産業用機器の開発に必要な電気、電子、情報、通信などの知識・技術をそれぞれ学びます。

STEP
学びのステップ

1年次

教養基礎科目のほか、機械工学および電気電子工学の基礎を学んでいきます。

2年次

コースを選択し、各コースの本格的な専門教育科目の履修がスタートします。

3年次

より専門的な理論や技術を習得し、さらに応用力も養います。

4年次

研究室に配属。卒業研究を通じて実践的な技術や研究プロセスを修得します。

COURSE
設置コース

未来創造工学コース

私たちの暮らしをさらに豊かにする未来の技術を担う、エンジニアを育成します。

卒業論文・研究

  • 燃料電池コージェネレーションシステムの熱電供給特性に関する研究(熱電供給特性に及ぼす運転条件の影響)
  • CATIA®を用いた4気筒スターリングエンジンカーの製作
  • 糖類燃料電池の基礎研究
  • 3Dプリンターの製作と改造
  • ペルチェ素子発電の効率向上研究
  • 熱水発電装置の基礎研究 ~単モジュール特性~

電気・電子情報コース

ライフラインを支え、いつの時代にも必要とされる確かな技術を持ったエンジニアを育成します。

卒業論文・研究

  • 変圧器鉄心の低損失化・低騒音化に関する研究
  • 太陽光発電パネルを用いた大気圧プラズマジェット発生用電源の作製
  • コッククロフト・ウォルトン回路を用いた高圧小型電源に関する研究
  • 赤外線サーモグラフィを用いた電気機器内部の温度可視化に関する研究
  • 大気圧低温プラズマジェットの殺菌特性と活性酸素可視化に関する研究
  • パルス放電がターゲットへ供給する活性酸素の可視化に関する研究

ものづくり設計エンジニアコース

日本のものづくりを支える設計・開発・製造分野のスペシャリストを育成します。

卒業論文・研究

  • 空気抵抗を考慮したエコランカーボディの設計~Biomimeticsを応用したボディ形状の検討~
  • 自動車の抵抗に関する基礎的研究
  • ガソリンエコランカーFRP・ブレーキについて
  • 圧力センサを用いた自律型水中ロボットの深度制御
  • 単3電池を用いた電気自動車の開発
  • トマト収穫に向けたプラットフォームの設計と開発

FACILITIES
施設・設備

5軸加工マシニングセンター

ERCには、CATIA®と連結した5軸加工マシニングセンター、プラスチック射出成形機、CNC旋盤など充実した加工装置があり、開発・製造を支える施設です。

CNC旋盤
3次元モデリングマシン
内燃機関性能試験装置
二重管伝熱実験装置

電気電子工学実験室

電気電子分野で必須となる電源機器や電圧計、波形観測機器などの測定機を完備。「電気電子基礎実験」などを通じて、学んだ知識を深く理解していきます。

燃料電池コジェネレーション実験装置

燃料電池で発電して、そのとき発生する熱でお湯を沸かすコジェネレーションシステムの運転条件と電気、熱の発生状況との関係を調べて、最適なシステム構成と運転方法を研究します。