NBU日本文理大学

学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)

日本文理大学では、ディプロマ、カリキュラム、アドミッションの3つのポリシーに基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学部・学科)・科目レベル(授業・科目)の3段階で学修成果を査定する方法を定めています。

1.機関レベル

学生の卒業率、専門領域への就業率から学修成果の達成状況を査定します。

【指標】

学位取得率
専門領域への就業率

2.教育課程レベル

学部・学科の所定の教育課程における資格・免許の取得状況、卒業要件達成状況(単位修得状況)、成績評価(GPA)から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を査定します。
また、ディプロマポリシーで掲げている学生が身につけるべき資質・能力目標の達成度、学修に係わる意識及び行動の達成状況を査定します。

【指標】

(1)学生が修得した知識及び能力の状況

単位修得状況
成績(GPA)分布
卒業論文・研究の評価
資格・免許の卒業時の取得者数
学年別及び卒業時の学生が身につけるべき資質・能力(大学DP)(ルーブリック評価)   ※2020年度から調査
学年別及び卒業時の学生がみにつけるべき資質・能力(学科DP)(ルーブリック評価)   ※2020年度から調査
PROG結果

(2)学生の学修にかかわる意識及び行動の状況

1週間あたりの学修時間・学修行動の回答分布
学習意欲の段階的評価
科目ごとの予習・復習・課題の学習時間の回答分布

3.科目レベル

シラバスで提示された授業等科目の学修目標に対する評価、及び学生アンケート等の結果から、科目ごとの学修成果の達成状況を査定します。

【指標】

授業科目ごとの成績(GPA)
授業科目ごとの満足度
指 標

[2018年度]

学位取得率
専門領域への就業率
単位修得状況
成績(GPA)分布
卒業論文・研究の評価
資格・免許の卒業時の取得者数
学年別及び卒業時の学生が身につけるべき資質・能力(大学DP)(ルーブリック評価)※2020年度から調査
学年別及び卒業時の学生がみにつけるべき資質・能力(学科DP)(ルーブリック評価)※2020年度から調査
PROG結果
1週間あたりの学修時間・学修行動の回答分布
学習意欲の段階的評価
科目ごとの予習・復習・課題の学習時間の回答分布
授業科目ごとの成績(GPA)・授業科目ごとの満足度