NBU日本文理大学

成績評価基準・GPA制度

成績評価基準

成績の評点は100点満点とし、評価基準は次の通りです。

区 分 評 価 成績評価基準 GP 評価内容
合 格 S 90〜100点 4.0 特に優れた成績を表す。(Excellent)
A 80〜89点 3.0 優れた成績を表す。(Very Good)
B 70〜79点 2.0 妥当と認められる成績を表す。(Good)
C 60〜69点 1.0 合格と認められる最低限の成績を表す。(Satisfactory)
不合格 E 59点以下 0.0 合格と認められる最低限の成績に達していないことを表す。(Failure)

※GPとはgrade pointの略で成績評価を点数に置き換えたものです。上記以外の評価記号に R:認定評価 W:履修中止があります。
 これらはGPの対象にはなりません。

GPA制度

1.GPA制度の目的

 「学生の質の確保」言い換えれば、「大学教育の質的水準の確保」が求められる時代となりました。
本学のGPA(Grade Point Average)制度導入は、学習の到達目標と成績評価を明確にすることで、学生が自らの学業成績の状況を的確に把握して、適切な履修計画が立てられ、学習意欲の向上に役立てることを目的とします。
 また、教員は、学生の履修指導や自らの教授方法及び成績評価方法・成績評価基準の改善に活用します。更に、特待生や各種奨学生の選考における参考資料として使用します。

2.本学のGPA制度の主なポイント

  • 全学生を対象とする。
  • 合格・不合格の評価を5段階(S,A,B,C,E)とする。
    ※ 成績評価基準参照
  • 次の科目は、GP対象外とする。
    • 転入学や編入学などにより他大学で修得した科目で本学の単位として認定した科目(評価欄にRと表記)
    • 所定の手続きを経て履修を中止した科目(評価欄にWと表記)
    • 教職に関する科目(卒業要件単位参入科目は除く)、スポーツ実践・基礎Ⅰ、スポーツ実践・基礎Ⅱ、スポーツ実践・応用Ⅰ、スポーツ実践・応用Ⅱ、スポーツリテラシーⅦA、スポーツリテラシーⅦB、スポーツリテラシーⅧA、スポーツリテラシーⅧB、認定制科目、特別演習科目、ゼミナール科目、卒業研究
      注:上記科目の成績評価は行う。
    • 基礎学力講座・国語、基礎学力講座・数学(合格・不合格かのみを判定し、合格と認められる場合は、評価欄にRと表記)
  • 成績証明書には、合格(S,A,B,C)及び認定(R)のみ記載する。
    不合格(E)・履修中止(W)は記載しない。
  • 成績通知書には、合格・不合格(S,A,B,C,E)及び認定(R)、履修中止(W)を記載する。
  • 成績通知書には、学期ごとのGPA及び通年、通算のGPAを記載する。
  • 学生は、各学科の履修モデル及び担任教員の履修指導により適切な履修計画をたてる。
  • 4年次生を除き、年間20 単位以上(前期10 単位以上、後期10 単位以上)履修しなければならない。
  • 当該学期のGPAが1.0未満の場合、注意を行う。
    • 学期終了後に、担任から本人へ注意・指導。同時に保護者にも通知。
    • 特別履修指導。履修計画表の作成・提出を義務付ける。
    • 個人面談会への出席要請を行う。
    • 必要に応じて、学科主任、学部長が本人及び保護者と面談をする。

3.GPAの算出方法

4.0 ×Sの取得単位数+3.0 ×Aの取得単位数+2.0 ×Bの取得単位数+1.0 ×Cの取得単位数総履修登録単位数(「E」の単位数を含む)

  • 注1:GPAは小数第4位を四捨五入し、小数第3位までの数値で表示するものとする。
  • 注2:成績が「E」(不合格)の場合、再履修して合格しても新旧両方の成績が記録され、通算のGPAにも両方の成績が加算される。

4.履修中止制度

 授業を受けてみたものの、その内容が勉強したいものと大きく異なっていた場合や、授業についていけるだけの知識が不足していた場合などに、開講期の一定期間に、本人からの申請により、担任教員の許可を得て、履修登録した科目の履修の中止を認める制度。履修を中止した科目の単位数は、年間に履修できる単位数には算入しないものとする。(中止後の追加の履修登録は出来ない。)
 また、原則として必修科目及び教育実習(教職科目)は履修中止の対象外とする。

5.教員毎のGPAを算出し、成績評価方法及び成績評価基準の改善に活用する。

 教員GPAとは、その教員が認定した全ての学生のGPAの平均値とする。

6.科目毎のGPAを算出し、成績評価方法及び成績評価基準の改善に活用する。

 科目GPAとは、その科目の受講生全てのGPAの平均値とする。